活動レポート

日本網膜硝子体学会に参加して

【記事区分】大会・学会・勉強会
【担当】逢坂理恵
【日程】12/7~12/9(3日間)

2018.12.7~12.9
京都で開催された日本網膜硝子体学会に参加してきました。
異常気象で、前日まではかなり暖冬でコートを着ていると汗ばむ陽気でしたが、学会当日から寒くなり始め、2日目・3日目はかなり冷え込んでいました。

学会では色々な口演がされていました。
驚いたのが、AIを画像解析に応用した口演についてです。これまでは加算平均などの処理を行うことで画像の質を上げていましたが、AIは学習を重ねることで1枚の画像もかなり鮮明で正確な処理ができるとのことでした。眼科の分野でもAIが活躍する時期になってきているようです。

学会の合間に貴船に行ってきました。

かなり北になるので風が冷たかったですが、紅葉も一部残っており、風景を楽しみながら奥の宮まで歩きました。
ただ、貴船口から歩いてしまったため、境内につくまでかなり距離があり、割と大変でした。貴船に行かれる際は、バスを利用することをお薦めします。

学会は3日間でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。たっぷり網膜硝子体が堪能できて、楽しかったです。

ご協力、有難うございました。