緑内障連携パス

日頃は大変お世話になっております。

さてこの度、緑内障連携パスを作成しました。これは患者さんを紹介していただく際に、必要最小限の情報を記入していただくようになっています。このパスは血管新生緑内障のような急性期の疾患にはあまり適していないかもしれませんが、緑内障の多くの病型では慢性的な経過をたどりますので、非常に便利かと思います。多忙の外来診療の合間に紹介状を書いていただいているかと存じますが、ご活用いただくことにより、様々な手間も省けるかと思います。

また、手術(濾過手術)後に状態が安定した後、紹介していただいた患者さんを紹介元に逆紹介する際には緑内障手帳を患者さんにお渡しするようにしています。この手帳を活用することにより、紹介元と大学病院での患者さんの情報が共有できるものと考えています。

お困りの症例がございましたら、大学病院まで紹介していただければと存じます。今後ともよろしくお願い申しあげます。

香川大学医学部附属病院
廣岡 一行

※緑内障関連パスはこちらからダウンロード下さい。>>[Excelデータ] / [PDFデータ]