ごあいさつ

患者さんを中心とした医療を実践します

香川大学眼科は網膜硝子体疾患、黄斑疾患、緑内障を中心として、眼科領域全般にわたる高度な医療を行ってきました。これからもこの臨床力を更に発展させ、地域の医療に貢献できるように努めさせていただきます。

眼科医療の進歩は目覚ましいものがあります。最新の機器、システムを積極的に導入し、エビデンスに基づいた治療を行います。しかし、患者さんの状況・希望は様々です。患者さんの意向を充分にくみ取りながら、患者さん一人一人に最適の医療を提供すること目指します。

患者さんを中心とした医療を実践し、患者さんに喜ばれる医療をこれからも提供していきます。

香川大学病院眼科