研究内容

香川大学医学部眼科学教室の主な研究に関するご紹介。

緑内障の臨床研究・基礎研究

我が国では40歳以上の約5%が緑内障に罹患しており、日本人における失明原因第1位の疾患です。我が国では眼圧が正常範囲である正常眼圧緑内障の有病率が高く、眼圧が低いにも関わらず視野障害の進行する症例が少なからずみられます。そのため神経保護治療という概念は非常に重要になってきます。また緑内障は完治することがまれな、慢性の進行性の疾患ですので、進行が認められると治療を更に強化する必要があります。そのため、進行の判定というのは非常に重要になってきます。ところが現在は視野検査で進行評価をしていますが、自覚検査であるため結果にバラつきが大きい場合もあり、進行評価が難しいケースも多々みられます。いかに適切にそして正確に緑内障の進行を評価するか、ということが大切になってきます。

香川大学の緑内障グループでは以上のようなことにフォーカスを当てて現在研究をすすめています。

詳細

黄斑疾患に関する臨床研究

黄斑部は目の中で最も重要な役割をしている部分で、網膜の中心、つまり、見ている景色の中心に対応する部位です。

この黄斑にはいろいろな病気がおこります。加齢によって発症する加齢黄斑変性、強度近視が原因の黄斑変性、黄斑の中心に穴があく黄斑円孔、黄斑上膜など、その他、いろいろなことが原因となって中心が歪んで見えたり、中心が白っぽく見えたり真っ暗になってしまいます。

黄斑外来で特に治療に力を入れているのが加齢黄斑変性です。加齢に伴い黄斑が傷んで視野の中心が見えなくなる病気です。両眼に発症することが比較的多く、放置しておくと、視力経過はたいへん悪い病気です。病的な新生血管の発育を阻害する抗血管新生薬の眼内への注射が治療の中心となっています。現在のところ、薬剤は3種類あり、新生血管の活動性や全身の内科的病気、年齢などを考慮して、注射する薬剤の投与方法、投与間隔や、3種類の薬剤をうまく組み合わせて投与するなど工夫して治療しています。

また、黄斑が傷む病気で、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など動脈硬化が原因となって、黄斑部が腫れて視力低下がおこるものもあり、黄斑の腫れを引かせる薬剤の眼内注射やレーザー治療、硝子体手術を行っています。

香川大学医学部附属病院にはたくさんの黄斑疾患の患者さんが受診されます。薬剤の治療効果や手術適応の基準を決めるなど、患者さんにとって最も良いと考えられる治療法を実際行うことができるように、治療に直結した臨床研究を行っています。全国に先駆けた最先端の治療を受けてもらえるよう心がけています。

詳細