医学生・
研修医の方For Resident

小林 展子

先輩からのメッセージ

香川県済生会病院
小林 展子
小林 展子


医師としてもまだまだ駆け出しの時期に子供を授かって

眼科に入局して3年目になります。子供が二人、共働きでバタバタですが、なんとか仕事も精一杯やらせていただいております。眼科医としてはもちろん、医師としてもまだまだ駆け出しの時期に子供を授かった私のようなパターンは、おそらく当教室では初めてなのではないかと思います。

病院には併設保育園があり、手厚く丁寧な保育を提供してくださいます

一人目を授かったのは、研修医になりたてのころ、まさに興味のある眼科をまわっている時期でした。1年目の研修をちょうど終えた頃、1年間の産休・育休を頂きました。同期とは1年遅れの入局となりましたが、研修に戻った時、2年にまたがって増えた同期達とのつながりは、今でもかけがえないものとなっています。
復帰後、不安はありましたが、そのころには自分と同様に子持ちの同期や、眼科にも子供をもつ先輩方がいらっしゃったので、とても励みになりました。
病院には併設保育園があり、それはもうびっくりするほど手厚く丁寧な保育を提供してくださいます。大丈夫かな、なんて不安はすぐに吹き飛びました。ただ、大変なのが子供の発熱との闘い…月に1、2度は出すんです…でも、病児保育という強い味方のおかげで、なんとかほとんど仕事に穴をあけずにやっていくことが出来ました。

産休・育休を考慮し大学での勤務を続けることを快く受け入れて頂きました

そして、ようやく入局。この頃には子供も少し大きくなり、心に余裕ができてきました。
オンコールや入院患者さんの担当について、私の状況を考慮して減らそうかとご提案頂きましたが、なるべく他の先生方と同程度にできるようにお願いしました。
子供をつれて医局で仕事をさせて頂くことも多く、ご迷惑をおかけしましたが、他の先生方はみなさん子供好きで、いつも笑顔で迎え入れてくださいました。
本来であれば関連施設での研修となる入局2年目、私はどうしても2人目を授かりたく相談させて頂いたところ、まだまだ修行の身ですが、産休・育休を考慮し大学での勤務を続けることを快く受け入れて頂きました。妊娠中は他の先生方が私の体調を気遣ってくださり、とても心強かったのを覚えています。幸い妊娠中に大きなトラブルもなく、36週6日までしっかり働き、産前休暇に入ってたった一週間で二人目が産まれました。
半年間の育休を頂き、復帰。一人目の時より小さい時期に預けるとあって不安は大きかったのですが、隙間時間で授乳しにいきながら、また発熱と闘いながら、なんとか仕事をさせて頂いています。

近くに相談しあえる同期や先輩、後輩がいるのは本当に本当に心強いです。

私がここまで仕事をセーブしすぎることなくやれているのは、この教室の先生方やスタッフの皆様のあたたかさ、そして充実した施設やシステムによるものです。
たまたま子供二人と同年代の子供を持つ先生が多く(男性医師も女性医師も)、子供連れで一緒に遊びに行くこともしばしば。近くに相談しあえる同期や先輩、後輩がいるのは本当に本当に心強いです。

医局員のニーズに柔軟に対応してくれる、本当に素敵な環境です

これから専門医試験や関連施設での研修等があり、子供二人かかえていて大丈夫なのかと不安がないといえばウソになりますが、この教室でなら、やっていける気がしています。
当たり前のように子供を受け入れてくれる、医局員のニーズに柔軟に対応してくれる、本当に素敵な環境です。

これから入局を考えている皆さんに、私の経験が少しでもお役に立てればいいなと思います。具体的には、ぜひ遊びにきて、聞いてくださいね♪

キャリア形成体験談へ