医学生・
研修医の方For Resident

卒後臨床研修プログラム

1. 初期研修プログラム

詳しくは香川大学医学部附属病院卒後臨床研修センターのホームページでご確認ください。

2. 後期研修プログラム

あなたの眼科医としてのキャリアを支える環境があります

最初の1年間は香川大学医学部附属病院で眼科医としての基礎知識、基本技術の習得を目的とした研修を行います。最初の1年はその後のキャリアの基礎となりますし、物事を考えたり、取り組む姿勢が形成させますので非常に重要です。

carrier-support01

その後の2年間は関連教育施設で外来診察、病棟処置、手術技術などについて眼科診療を実践し、一般臨床について幅広くレベルアップをめざした研修を行います。3年間の研修により全研修医の白内障手術技術の習得を目指しています。

4年目にはそれまでに習得した知識・技術を生かして香川大学医学部附属病院で高次の眼科医療を経験し、サブスペシャリティー領域の研修を開始します。眼科臨床医として、眼科一般のスキルは必須ですが、その上で、専門性の確立はキャリアアップに有効です。専門分野の確立には臨床面だけでなく、大学院での研究を行うことも有効です。5年目には眼科専門医の受験資格が得られますので、5年目での全員合格を目指しています。

眼科専門医を取得した後は、関連病院、一般市中病院、個人病院で臨床を続けることも、開業することも可能です。大学病院で更にキャリアアップをめざすのも、本人の進みたい道を進んで行くサポートを行います。

香川大学医学部附属病院で初期研修を行うと、2年間で12ヶ月以上の眼科研修が可能です。眼科に進むことを決めている方は研修を一部前倒しで受けることも可能です。

3. 関連教育施設

  • りつりん病院
  • 三豊総合病院
  • 香川県済生会病院
  • 香川県立中央病院
  • 高松赤十字病院
  • 白井病院
  • 大阪赤十字病院
  • 倉敷中央病院