医学生・
研修医の方For Resident

中野 裕貴

病院助教/大学院生
中野 裕貴
中野 裕貴

眼科医を選択した理由

幼少期に弱視で眼科通院をしていました。最初は0.2しか見えていなかったが治療のお陰で1.5まで視力が出るようになって感謝しています。生来の持病が研修医の時期に発症して半年ほど体調がすぐれないことがあり、長時間のハードワークに一抹の不安がありました。内科も選択肢にありましたが最終的に眼科を選択しました。

experiences-nakano-img02

研修期間、入局を経て

前期研修の期間には1年間眼科でお世話になりましたが、研修医なりにゆっくりと研鑽を積めたと思います。今となっては良い思い出です。

私の眼科入局時には同期がおらず諸検査の習熟は実際の患者さんに頼らざるをえませんでしたが、先輩方がよく面倒を見てくれたのでそれほど苦になりませんでした。


将来的に目指すもの

experiences-nakano-img03

今は眼科医5年目で専門医試験に合格しました。このあたりから専門分野に進むことになり網膜硝子体と涙道を担当しています。これまでの外病院での経験で眼科一般はそれなりにこなせてきましたが、専門分野を極めたいと思っています。慣れないことも多いので大変ですが、数年経てば自信がついてくるような気もするので頑張ろうと思います。


MESSAGE

休日夜間の拘束の少ない眼科ですがそれでも日中は忙しい科です。眼科に限りませんが、自分が将来続けていける科を探し当てるのも研修医の仕事だと思います。それが眼科であると嬉しいですね。

キャリア形成体験談TOPへ