医学生・
研修医の方For Resident

小野 葵

助教
小野 葵
小野 葵

眼科に進もうと思った理由

眼科に進もうと思ったのは、手術もしたいというのが一つの理由です。長時間の大手術というよりは、ちょこちょこ手を動かすことをしたかったので、局所麻酔で比較的短時間で手術ができる眼科が候補に挙がりました。白内障のように術後に見えるようになったと患者さんが喜んでもらえるような手術は他科にはそれほど多くはないと思い、眼科に魅力的に感じました。もう一つの理由は、当時の教授は眼科に入局すると前置レンズをプレゼントしてくれていたのですが、眼科の研修初日にその前置レンズをいただいてしまいました。なんとなく入局しないといけないような気もして、そのまま眼科にふらーっと入局してしまいました。



experiences-ono-img02

研修期間中に感じたこと

研修で回ってみると眼科は患者数も多く、とにかく忙しいというのが最初の印象でした。検査も眼科内で行うので、研修医のときは一日中、検査機器とにらめっこしていることもありました。忙しくはありますが、メリハリがあり、ぎゅっと濃く仕事をするような感じです。これは眼科の魅力の一つと思いました。もちろん、緊急手術などで夜遅くに手術室にいるなんてこともありましたが、早めに終わる日もあり、自分の時間をとることも十分できます。医局の雰囲気は明るく、とても話しやすい雰囲気です。



experiences-ono-img03

やりがいを感じるとき

今では加齢黄斑変性を中心とした専門外来をさせていただいていています(まだまだボスの助けをいただきながらの外来ですが)。視力的に厳しい症例も多いですが、できるだけ視力を残せるようにとがんばっています。積極的に手術もさせてもらっていて(主に白内障手術)、術後によく見えると患者さんに言ってもらえると、やはりうれしくやりがいを感じます。


MESSAGE

眼は小さいながらもさらに細かく専門が分かれています。眼科は内科的な分野もあれば、外科的な分野もあり、手術がしたい人も手術はあまり興味がない人も活躍できる科だと思います。香川大学眼科は正直人手不足というところもありますが、逆にいうといろいろ経験する機会が多いとも言えます。是非香川大学眼科で一緒に働きませんか。お待ちしています。


キャリア形成体験談TOPへ