医学生・
研修医の方For Resident

逢坂 理恵

医員/大学院生
逢坂 理恵
逢坂 理恵

眼科医へ進んだ理由

私が眼科医へ進もうと決めたのは、初期研修で眼科での研修を終えた後でした。学生時代の眼科の印象は手術時間が短いな・・・くらいだったのですが、実際に顕微鏡下で手術を見た際の手術操作の繊細さ、美しさにひかれました。また、視力回復した際の患者さんの喜んだ顔を見たり、声を聞いたりすることで、見えることの重要性を改めて感じさせられ、視機能の回復・維持するための治療に携わりたいと考えるようになりました。また、女性医師が多い科でもあり、女性が働きやすい環境であることも理由です。

研修医の体験談

眼科に進んで4年目になりますが、最初の1年は大学病院で研修を行いました。4月の当初は何も分からない状態で、先輩の先生方の見よう見まねから始めました。同期の先生と練習し合いながら、少しずつできる検査を増やしていきました。2年目からは関連病院での研修でした。私の研修先のりつりん病院は白内障手術以外に外眼部手術を数多く行っており、眼瞼手術の執刀もさせてもらっています。日常診療は、毎日が新しい発見の連続で、充実した日々を送っています。

香川大学眼科を選択するメリット

アットホームな環境であり、疑問に感じたことや診療で困っていることなどを質問しやすい環境です。また1年目は大学病院で検査・手術の基礎を身に着けて、2年目以降は関連病院で実践していく、という研修の流れができています。関連病院先の指導医の先生方も深い専門知識を持ち、解りやすく指導してくださるので、安心して研修ができます。

experiences-osaka-img02

眼科医としてのやりがい

日常診療では、自分で診断・治療方針を決め、経過を診ていくので責任の重さを自覚するようになりました。それと同時に、治療が奏功したときの喜びは大きくやりがいを感じています。実際に、術後視力が改善し、「夜が明けたよう。」「世界が変わったみたい。」など、生き生きとした表情で話をして下さるときなどは、本当に眼科医になったことを嬉しく感じます。


MESSAGE

初期研修の際には短期間でもいいので、ぜひ眼科にローテートしてください。学生時の講義や実習では伝わりきらなかった魅力がたくさんあります。眼球は24mmの小さい球体ですが、奥が深く、日々新しい発見があります。少しでも眼科に興味がわきましたら、眼科学教室のドアを叩いてみてください。


キャリア形成体験談TOPへ