教室紹介Out line

業績集:2017年度

研究業績:2017年度

[大学]

【欧文原著】

  1. Kazuyuki Hirooka, Tomomi Higashide, Jin W Jeoung. The management of glaucoma: structure and function. Journal of Ophthalmology in press
  2. Nobuko Kobayashi, Kazuyuki Hirooka, Eri Nitta, Kaori Ukegawa, Akitaka Tsujikawa. Visual acuity and corneal higher-order aberrations after EX-PRESS or trabeculectomy, and the determination of associated factors that influence visual function. International Ophthalmology in press
  3. Shino Sato, Kaori Ukegawa, Eri Nitta, Kazuyuki Hirooka. Influence of disc size on the diagnostic accuracy of cirrus spectral-domain optical coherence tomography in glaucoma. Journal of Ophthalmology in press
  4. Aoi Ono, Kazuyuki Hirooka, Yuki Nakano, Eri Nitta, Akira Nishiyama, Akitaka Tsujikawa. Gene expression changes in the retina after systemic administration of aldosterone. Japanese Journal of Ophthalmology in press
  5. Kazuyuki Hirooka, Eri Nitta, Kaori Ukegawa, Akitaka Tsujikawa. Vision-related quality of life following glaucoma filtration surgery. BMC Ophthalmology 17:66,2017
  6. Yuki Nakano, Koichiro Manabe, Rie Osaka, Yukari Takasago, Aoi Ono, Mamoru Kobayashi, Tomoyoshi Fujita, Chieko Shiragami, Kazuyuki Hirooka, Akitaka Tsujikawa. The effect of vitreomacular and cataract surgery on oxygen saturation in retinal vessels. Clinical Ophthalmology 11:759-765, 2017
  7. Yukari Takasago, Chieko Shiragami, Mamoru Kobayashi, Rie Osaka, Aoi Ono, Ayana Yamashita, Akitaka Tsujikawa, Kazuyuki Hirooka. Macular atrophy findings by optical coherence tomography angiography compared with fundus autofluorescence in treated exudative age-related macular degeneration. Retina in press
  8. Rie Osaka, Yuki Muraoka, Yuko Miwa, Koichiro Manabe, Mamoru Kobayashi, Yukari Takasago, Sotaro Ooto, Tomoaki Murakami, Kiyoshi Suzuma, Yuto Iida, Akitaka Tsujikawa. Anti-vascular endothelial growth factor therapy for macular edema following central retinal vein occlusion: One initial injection versus three monthly injections. Ophthalmologica 239(1):27-35,2018
  9. Rie Osaka, Chieko Shiragami, Aoi Ono, Mamoru Kobayashi, Yukari Takasago, Ayana Yamashita, Akitaka Tsujikawa. Clinical Features of Treated and Untreated Type1 Idiopathic Macular Telangiectasia without the Occurrence of Secondary Choroidal Neovascularization for Folloowed for 2 years in Japanese Patients. Retina38 Suppl 1:S114-S122,2018
  10. Rie Osaka, Saki Manabe, Yukiko Miyoshi, Yuki Nakano, Ayana Yamashita, Chieko Shiragami, Kazuyuki Hirooka, Yuki Muraoka, Akitaka Tsujikawa. Paravascular inner retinal abnormalities in healthy eyes. Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmolgy 255(9):1743-1748,2017
  11. Koichiro Manabe, , Rie Osaka, Yuki Nakano, Yukari Takasago, Tomoyoshi Fujita, Chieko Shiragami, Kazuyuki Hirooka, Yuki Muraoka, Akitaka Tsujikawa. Metamorphopsia associated with central retinal vein occlusion. PLoS One 12(10):e0186737, 2017

【著書・総説】

  1. 白神千恵子.脈絡膜血管病変のOCT angiography所見、進化するOCT活用術―基礎から最新まで―<増大号> Monthly Book OCULISTA 60:120-124,2018

【その他】

  1. 廣岡一行.二人三脚緑内障患者さんと 治療には信頼関係の構築が重要 銀海242:28, 2018

【海外発表-一般講演】

  1. Kazuyuki Hirooka, Takeru Shimazaki, Yuki Nakano, Eri Nitta, Kaori Ukegawa, Akitaka Tsujikawa. Oxygen saturation of the retinal vessels may differ between primary open-angle glaucoma and normal-tension glaucoma. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, 2017.5.7-11, Baltimore, USA
  2. Kazuyuki Hirooka, Mamoru Kobayashi, Aoi Ono, Yuki Nakano, Akitaka Tsujikawa. The relationship between the renin-angiotensin–aldosterone system and NMDA receptor-mediated signal and the prevention of retinal ganglion cell death. World Glaucoma Congress 2017, 2017.6.28-7.1, Helsinki, Finland

【国内発表-特別講演、教育講演、シンポジウムなど】

  1. 白神千恵子.シンポジウム2 滲出型AMD治療後の黄斑萎縮 黄斑疾患の長期管理 第34回日本眼循環学会、2017年7月22日-23日、大阪市
  2. 廣岡一行.緑内障スキルトランスファー カフークデュアルブレード 第28回日本緑内障学会、2017年9月29日-10月1日、広島市
  3. 廣岡一行.インストラクションコース 閉塞隅角のみかた・考え方 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  4. 廣岡一行.インストラクションコース 濾過手術の合併症 予防法と対処 低眼圧 第41回日本眼科手術学会 2018年1月26日-28日、京都市

【国内発表-一般講演】

  1. 小野葵、白神千恵子、逢坂理恵、高砂縁、小林守、山下彩奈、辻川明孝.ポリープ状脈絡膜血管症における網膜下高輝度物質の頻度と特徴 第121回日本眼科学会総会、2017年4月6日-9日、東京都
  2. 小林守、廣岡一行、小野葵、中野裕貴、辻川明孝.網膜神経節細胞におけるレニン・アンジオテンシン系とNMDA受容体シグナルの関連 第121回日本眼科学会総会、2017年4月6日-9日、東京都
  3. 逢坂理恵、藤田智純、中野裕貴、真鍋耕一郎、真鍋紗季、白神千恵子、廣岡一行、村岡勇貴、辻川明孝.PHPを用いた網膜静脈分枝静脈閉塞症に伴う歪視の評価 第121回日本眼科学会総会、2017年4月6日-9日、東京都
  4. 真鍋耕一郎、逢坂理恵、中野裕貴、高砂縁、藤田智純、真鍋紗季、白神千恵子、廣岡一行、辻川明孝.網膜静脈分枝閉塞症に伴う歪視とOCTAngiographyを用いた網膜血流の関連性の評価 第121回日本眼科学会総会、2017年4月6日-9日、東京都
  5. 小嶌洋和、請川香里、佐藤志乃、新田恵里、園田祥三、坂本泰二、廣岡一行.緑内障濾過手術前後での脈絡膜構造の変化 第28回日本緑内障学会、2017年9月29日-10月1日、広島市
  6. 白神千恵子、小林守、高砂縁、逢坂理恵、小野葵、山下彩奈、真鍋耕一郎、真鍋紗季、廣岡一行.1型脈絡膜新生血管を合併した中心性漿液性脈絡網膜症の特徴 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  7. 小林守、白神千恵子、山下彩奈、小野葵、中野裕貴、逢坂理恵、高砂縁、廣岡一行.中心性漿液性脈絡網膜症における光線力学的療法前後の網膜酸素飽和度の比較 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  8. 中野裕貴、藤田智純、小野葵、小林守、逢坂理恵、高砂縁、真鍋耕一郎、白神千恵子、廣岡一行、辻川明孝.黄斑上膜における硝子体白内障同時手術のトーリックIOLの術後安定性 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  9. 逢坂理恵、真鍋紗季、三好由希子、中野裕貴、山下彩奈、白神千恵子、廣岡一行、村岡勇貴、辻川明孝.健常眼の網膜血管近傍における網膜内層構造の異常所見の特徴 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  10. 高砂縁、白神千恵子、山下彩奈、小野葵、小林守、逢坂理恵、廣岡一行.ポリープ状脈絡膜血管症のOCT angiographyとICGA所見の比較 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  11. 真鍋耕一郎、高砂縁、逢坂理恵、中野裕貴、真鍋紗季、白神千恵子、廣岡一行.中心性漿液性脈絡網膜症に伴う歪視の定量化と分析 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都
  12. 真鍋紗季、白神千恵子、高砂縁、逢坂理恵、小林守、小野葵、山下彩奈、廣岡一行.Ruikang K Wang. OCT angiographyを用いた脈絡膜中大血管層の血管密度と関連因子の検討 第71回日本臨床眼科学会、2017年10月12日-15日、東京都

【その他-市民公開講座、学術講演会、記者発表、マスコミなど】

  1. 白神千恵子.AMD治療・長期視力予後を考える 西日本AMD ECC、2017年5月14日、岡山市
  2. 白神千恵子.AMD治療-長期視力予後を考える- 第7回福島眼科セミナー、2017年6月3日、郡山市
  3. 白神千恵子.AMD治療-長期視力予後を考える- アルコンファーマ株式会社社内勉強会、2017年6月21日
  4. 白神千恵子.アフタヌーンセミナー wet AMDにおけるOCT angiographyを用いた黄斑萎縮の評価 第34回日本眼循環学会、2017年7月23日、大阪市
  5. 廣岡一行.緑内障診療におけるアドヒアランス向上の工夫 高知緑内障後援会、2017年8月26日、高知市
  6. 白神千恵子.黄斑疾患勉強会 講師 バイエル薬品株式会社社外勉強会、2017年9月7日、高松市
  7. 白神千恵子.①滲出型AMD後の黄斑萎縮②加齢黄斑変性治療におけるPlGFの影響 アルコンファーマ株式会社 社内研修向けVTR撮影、2017年9月20日
  8. 廣岡一行.超高齢化社会における緑内障診療の問題点と工夫 第229回高知大学眼科研究会、2017年9月27日、高知市
  9. 真鍋耕一郎.歪視が消失したBRVO症例 第3回RVOエキスパートクリニカルカンファレンス、2017年9月30日、東京都
  10. 廣岡一行.緑内障における最新の治療 白菊会総会、2017年10月24日、三木町
  11. 白神千恵子.初心者のための黄斑変性講座 第2回バイエル薬品中国四国WEBセミナー、2017年11月16日
  12. 白神千恵子.滲出型AMD治療後の黄斑萎縮 アルコンファーマ株式会社 m3動画撮影、2018年2月15日
  13. 真鍋耕一郎.歪視が消失するRVO症例 第3回西日本RVO研究会、2018年3月10日、京都
  14. 小林展子、土橋浩章、谷英紀、廣岡一行.ぶどう膜炎による続発緑内障に対しアダリムマブを導入した1例 第113回香川県眼科集談会、2018年3月25日、高松市

研究業績TOPへ